Skip to content

消費者金融と銀行キャッシングの違いは?

キャッシングは担保や保証人が不要で、手軽にお金を借りることができることで人気があります。利用者あるいは利用したことがある人は、1000万人以上と言われています。ところで、このキャッシング審査に代表されるいわゆる個人の少額融資といえば、以前は消費者金融しかありませんでした。ところが今は、地方から大手の都市銀行まで、無担保かつ保証人なしでキャッシングができるようになっています。」

そのためお金を借りたいと思ったら、まずは消費者金融から借りるのか、それとも銀行から借りるのかを決める必要があります。どちらから借りても良いのですが、その前に両者のキャッシングにはどのような違いがあるのか理解しておく必要があります。

たとえば、銀行は総量規制などの対象外となっているのに対して、消費者金融は総量規制の対象となっています。この総量規制というのは、年収の3分の1までしか借りることができないという法律で、たとえば年収が300万円であれば、100万円までしか借りることができないということです。これは1社につきという意味ではなく総額ですので、もしA社からすでに80万円借りているとすれば、B社からはあと20万円しか借りることができないということです。

ところが、銀行でお金を借りる場合、この総量規制の法律が適用されないので、各行ごとに定められた上限の範囲内で自由に借りることができます。年収の3分の1を上回る高額なローンを組みたい方にはおすすめです。ただその分、審査が厳しくなっています。

Published inキャッシング消費者金融銀行

Comments are closed.