Skip to content

謙譲語でお金を借りるにはどう言えばいい?

不景気も長引き、サラリーマン家庭では財布を預かる主婦が給料前のやりくりに、または自営業者が仕入れの支払いが出来ない、会社経営なら手形が落とせないと即刻倒産を免れず、どうしてもお金を作らなければならない状況があります。そういう時代だからこそ他人事だと思っていた誰かにお金を借りるという事態に、自らも巻き込まれる可能性は少なくありません。家族内で何とかやり通せるまで頑張ってみても対策が練られない時にはこういった手段を取るのも、どうしようもないような状態になるよりは賢明です。相手先がどうであれ大事なお金借りるのですから、誠意を込めて謙譲語を使うのが当然とも言えます。近頃は敬語の使い方が曖昧だと言われているだけに、ここはしっかりとした謙譲語を使う事で、相手も人となりを判断してお金を貸そうかと心を動かしてくれるかもしれません。そもそも謙譲語とは、目上に対して敬意を払い自分をへりくだって使う表現です。そういう相手が何か起こしたアクションには尊敬語を使います。尊敬語と謙譲語はいわば対の言葉です。例えばお金を借りる相手が個人なら、どうしても金策が付かないので誠に恐縮でございますがと言う風に前置きを入れてその後に、お金を貸して頂けませんかと謙譲語を使うと、相手は少なくともお金を借りるのに横柄な態度だとは感じないでしょう。くれぐれもお金を貸してくれませんかとは言わないように気を付けるのが得策です。とにかく急場を凌ぐために何とかお金を借りる事を優先にすぐに返すという事を断言するよりも、目途が付いたら必ず返しますとか、当面無理そうだったら毎月少しずつ返済させて頂きますと自分の出来る範囲内で平身低頭頼む方が、真剣さが感じられます。言葉遣いは相手の感情を大いに左右します。

Published in借り入れ

Comments are closed.